理想の恋人と出会う場のメリット・デメリット【合コン、街コン、相席居酒屋、恋活アプリ】

合コン

早速ですが質問です!

1ヶ月以内に何人の異性と連絡先を交換しましたか?

もし答えが0ならば今日から行動を変えたほうがいいです。

いや、変えなければなりません!

出会いの機会は積極的に行動しなければ減ってしまいがちです。

いつも通りの職場でいつも通り家に帰り休日はいつも通りの友達と
遊んでいたのでは新しい出会いなどあるはずがありません。

意識して出会いの場所に出かけて理想の出会いを見つけましょう。

合コン

社会人で一番王道な出会いの場所は合コンではないでしょうか。

自分で合コンを主催してもいいですし頻繁に合コンに参加している人が周りにいれば自分にも声をかけてもらえるようにしてもらってもいいでしょう。

合コンのメリット

合コンのメリットは気軽に開催できることです。
女性も飲み会感覚で合コンにきていることも多く、
連絡先を交換することもそう難しくないでしょう。

幹事や他の参加者とつながり、違うメンバーで合コンをして出会いを絶やさないようにしましょう。

合コンのデメリット

たとえ相性の悪いメンバーだとしても必ず2時間は席を共にしなければなりません。

また男性であれば費用は5000円以上かかってしまう場合が多く
楽しい時間が過ごせなかった時のショックは大きいです。

また合コンでは一度に出会える人数が3〜5人程度というのもデメリットと言えるでしょう。


街コン

一時期大ブームを巻き起こした街コンですが今も頻繁に開催されています。

20代限定、30代限定といった年齢別のイベントもあれば出会いと同時においしいごはんを食べることが目的とされている街コンなど様々なテーマで開催されているので自分が参加して楽しめそうな街コンを探してみてください。

街コンのメリット

街コンは基本的に興味のある相手がいたら自分から声をかけていくというシステムなので多数の中から自分の好みの相手が見つけられる、という点では合コンよりも効率がいいでしょう。

街コンではその場で盛り上がれば後日、また飲み会をセッティングしたりデートに誘ったりといったやり方がいいのではないでしょうか。

街コンのデメリット

多数の異性と一度に出会える場である街コンですが、気になる人がいればこちらから積極的に声をかけていくことが必要になります。

なのでシャイな方や話すのが苦手な方にはハードルが高いかもしれません。

しかしどんな出会いの場であっても積極性がなければ成果は出にくいのできになる異性がいれば積極的に声をかけていきましょう!

相席居酒屋

最近盛り上がっている出会いの場といえば相席居酒屋です。

同性の2人組で行けば異性の2人組と相席をセッティングしてくれるという
出会いの場としては至れり尽くせりのシステムです。

行ったことがない方はどんな人がくるのか不安かもしれないですが普通の人がほとんどなので出会いの場として有効です。

お店や立地にもよりますが女性は20代の若い方が多い印象です。

相席居酒屋のメリット

女性は飲食が無料です。

ただでお酒が飲めるということでそれだけでも行ってみる価値があるのではないでしょうか。

男性はお金がかかりますが最初の30分で1500円程度です。

長居せずにほどほどに盛り上がったところで2次会の打診をしたり連絡先を交換したりして退席しましょう。

また、好みの相手じゃなかった場合店員さんにこっそり伝えることで相手のペアをそれとなくチェンジしてもらうこともできるので合コンよりも効率の良い出会いの場であると思います。

相席居酒屋のデメリット

そんな出会いの場としていたれり尽くせりな相席居酒屋ですがデメリットといえばごはんがおいしくないことでしょうか。

しかし、これは裏返せばご飯がおいしくないことを理由に「ここのご飯美味しくないしちょっとおいしいもの食べに他の店いかない?」と2次会の打診をしやすいという隠れメリットがあります(笑)

終電直前や終電後になるとお持ち帰り狙いの男性が増えます。

その時間帯になると女性の割合が少なくなると同時に可愛い子の割合もガクッと落ちているきがするので19時から22時くらいまでの時間帯に行くことをお勧めします。

恋活系アプリ

最も手軽に異性と出会えるのがpeirs(ペアーズ)やomiaiといった恋活系アプリです。

一昔前に比べればアプリやネットでの出会いに対するネガティブなイメージは相当薄れていますので出会いの場として堂々と活用していいと思います。

おすすめの恋活アプリはこちら記事で紹介しています!

本気で恋人を見つけたい人必見!おすすめ恋活アプリはpeirs(ペアーズ)とOmiai

恋活系アプリのメリット

恋活系アプリのなによりも優秀なところは一度にたくさんの相手とやりとりすることができるということです。

何人かやりとりしたなかで一番好みな相手を選びましょう。

また合コン、街コン、相席居酒屋は一人で参加できませんが恋活系のアプリは一人でこっそり始めることができるます。

友達が少ない方や、恋活してることを知られたくない方は恋活系アプリがもっともおすすめな出会いの場ということになります。

peirs(ペアーズ)やOMIAIといったFacebook連携のアプリであればFacebookの友達には表示されない仕様になっているのでうっかり知り合いを見つけて気まずい思いをすることがありません。

恋活系アプリのデメリット

恋活系アプリは手軽に始めることができる魅力的な出会いの場所ですが一番考えられるデメリットとしては実際に会って見たら写真と全然違う人がくることがあるということではないでしょうか。

写真というのは撮り方によっては奇跡の一枚をとることができますし、最近では写真の加工アプリがたくさんありますので肌がとてもキレイに写っていたりもします。

そういうときは早めにデートを切り上げてめげずに次の出会いを探しましょう。

自分にあった出会いの場を見つけよう!

いかがだったでしょうか、いろんな出会いの場所がありますができることなら全ての方法を試して見て自分にあった出会いの場を見つけましょう。

世の中には出会いを求めている男女がたくさんいます。

出会いの機会を多くすればそれだけ理想の恋人に出会う確率があがります。

待っているだけでは幸せになることはできません。

出会いの場に一歩ふみだしてみませんか??

[cc id=169 title=”ペアーズ広告【男性向け】”]