彼氏に甘えられない女子必見!甘える系彼女になる5つのコツ

甘える彼女

男性は、可愛く甘えられると萌えキュンする生き物。

上手な甘え方で彼のハートをぎゅっと掴んで置きたいものですね。

でも、女性だからってみんながみんなブリブリ甘えられるわけじゃありません。

彼氏に上手に甘えたいけど、なんだか恥ずかしくてうまく出来ない。

どうしたら上手に甘えられる女性になれるんだろうと悩んでいる貴女へ。

今回は、彼氏に上手に甘えるハウツーをお届けします!

出来るだけ表情を豊かにする訓練をしてみる

甘え方が上手な女性を見ていると、皆表情がとても豊かです。

嬉しい時は嬉しい顔をしますし、悲しい時や、悔しい時は顔を見ればすぐに解るほど表現力あります。

男性は、物事の裏を読んだり、相手の気持ちを察するという能力が女性よりも少ないため、解りやすい女性を可愛いと思う傾向があるみたい。

彼にお願い事をする時や、甘えたい時も、表情が豊かなほうが「仕方ないなぁ」という気持ちにさせやすいのでお得ですよ。

小さいお願い事を沢山してみる

彼氏に甘えるというと「ワガママを通す」という感覚を持つ人もいるかもしれません。

でも、甘えるのとワガママは別の行動。

彼が簡単にやりこなせそうな事を見つけて、あえてお願いするのです。

例えば、電気に詳しい男性に配線の方法を尋ねたり、彼の得意分野について質問をしたり、日曜大工が得意な男性に家具を組み立てる手伝いをしてもらったり。

上手な甘え方の極意としては、彼が簡単に出来そうなお願い事をさも申し訳なさそうにお願いすることです。

そして彼が得意げにやってくれたら「馬鹿か」というほど褒めちぎります。

こうすることで、彼のプライドは満たされ、あなたを「可愛いやつ」と思ってくれるワケ。

こういう甘え方は男性は大好物なので是非やってみてくださいね。

二人だけの秘密のあだ名を作ってみる

甘え方が下手な女性は、彼氏にいつどう甘えてよいかが解らない人が多いみたい。

そんな人にお勧めなのが、二人だけのあだ名をつくること。

「みーたん」「たっくん」などあだ名をつけて呼び合うと、そのあだ名を呼んでいる時は甘えても良い時間なんだと心を切り替えることができるようになりますよね。

「○○君荷物を持ってちょうだい」よりも「たっくん荷物もって」のほうがなんだか楽に甘えられそうじゃないですか?

たとえ変なあだ名を彼につけても、二人だけの特別感がうれしいと意外に喜ぶ男性は多いようですよ。

相手の好意を断らないようにする

甘え方が下手な女性は、お世話をされたり守ってもらったりする事になれていない人が多いようです。

そのため、「荷物持ってあげるよ」「ご馳走してあげる」といわれても「いいえ結構です」といわんばかりに全力で断るなんて事も。

でも、それでは男性の立場がありません。

男性は、好きな女性をか弱い生き物だと見立てて守ってあげることでプライドを保とうとするところがあります。

そんな可愛い彼のプライドを優しく見守るのも彼女として必要なことかもしれませんよね。

彼が好意を行動で示そうとした時は、笑顔で「ありがとう」といって受け入れましょう。

これだけで男性は本当に救われたような気持ちになるみたい。

素直な気持ちを言葉に出してみる

甘え方が下手な女性には、ちょっぴり難易度が高いかもしれませんが、素直な気持ちを言葉にすることで彼氏に上手に甘えられるようになりますよ。

特に「大好き」「ぎゅってして欲しい」というようなプラスの言葉は男性にとってこれほどないご褒美になります。

「俺に甘えてもらってる」という実感を簡単に感じてもらえる方法。

男性も、自分ばっかりが好きと言っていることに時々疲れる事もあるんですって!

寂しい、悲しいといったマイナスの言葉は出来るだけ言わないように、プラスの言葉を沢山彼にプレゼントしてあげましょう。

いかがでしたか?

今回は、彼氏に甘えたいけど甘えられない女子向けの甘え方ハウツーをお届けしました。

甘えは、恋愛のスパイスになります。

上手な甘え方を彼氏にできないよぅ・・・という女性も、今回のアドバイスを参考にちょっぴり努力をしてみてください。

きっと、二人の関係がもっと楽しくラブラブに発展していくこと間違いなしです!

 

 

pairs